日々の◯◯。

ただのオンナに戻っておもしろおかしく、ミラクルな日々へ!

鳩居堂の絵はがきのこと

ここのところ、人とのかかわりの中で、出会いに感謝、縁に感謝だなあと思うことがたくさんあり、

とくにこの一週間は、感激で魂を揺さぶられる事がたくさんありました。

 

今も胸がいっぱいなのと、どうもこの感激を言葉に落とし込めず、ブログで書くことは多分ないかもしれませんが、

代わりにというか、少し前から記事にしようと思っていた絵はがきの事で記事を更新しようと思います。

 

 鳩居堂の絵はがきについて。

f:id:hibinomarumaru:20170603112250j:image

やさぐれGWの直前ぐらいに、ふらりと入った銀座の鳩居堂さんにて、素敵な絵はがきをたくさん見つけました。

 

f:id:hibinomarumaru:20170603112635j:image

f:id:hibinomarumaru:20170603112703j:image

 ↑傘のは特に気に入ったので2枚。使う用ととっとく用。笑

紙袋も可愛い!

 

 

私は鳩居堂の葉書にはちょっとした思い出があります。

 

婚約破棄直後、

ボロボロに落ち込んで、仕事に行くのがやっと、人に会う元気もない、

という状態だった私に、ある友人が葉書を送ってくれたのです。

 

手紙が好きな友人で、メールのやりとりもあるのだけれど、

時おり葉書や便箋で、ちょっとした事を書いて送ってくれる素敵な友人。

 

彼女はまだ私の婚約破棄のことは知らなかったのだけれど、送られてきたタイミングが神でした。

 

私はボロボロの状態だったため、

「返事を書く元気はないからメールで済ませようかな」

とも思ったのですが、

なんとなく気分転換になるような気もし、ロフトに葉書を見に行った時に見つけたのが鳩居堂の絵はがきでした。

 

その季節の柄の、素敵な葉書がたくさんあり、そこから好きな絵柄を選んで、

さらにその友人の事を思いながら言葉を葉書に連ねていくことが、

とても楽しく豊かな時間に感じられ、

数日ぶりに、生きる力みたいなものが湧いてきたように思えたのでした。

(婚約破棄の事をその友人に話したのは次に会った時で、葉書には何書いたか忘れました…^^;)

 

彼女はまったく意図せずそのタイミングで葉書をくれたのだけれど、

それが私にとって完璧な時期であり、

図らずもそんな事ができるのは彼女の才能でもあり、私との絆だったり、(テレパシーかと思った!)何か目に見えない力を感じたのでした。

真穂さんのブログを見つけたのもちょうどその頃でした。

 

そんなわけで、思い入れのあった鳩居堂の絵はがき、

銀座でふらっと入った路面店が、あの絵はがきの鳩居堂だと気付いた時は感激でした。←葉書コーナーでそれと分かった。

 

 

f:id:hibinomarumaru:20170603203855j:image

これは、お名前の由来から、勝手に真穂さんぽいなと思って買っていた一枚。(←ファン。笑) 

「真っ直ぐな稲穂のように」という願いが込められた名前、と、いつかのブログで拝見し、素敵だなぁと思っていたのです。しかも本当に、名前の通りになっていらっしゃる。

しかし後々気がついたけどこれは稲穂ではなく麦だな…

 

 

さらに後日買い足し。

f:id:hibinomarumaru:20170604001954j:image

夏休みが待ち遠しくなる2枚。

 

f:id:hibinomarumaru:20170604002033j:image

夜桜。

 

f:id:hibinomarumaru:20170604002057j:image

梅に雪(写真、わかりにくいな…)

 

f:id:hibinomarumaru:20170604002423j:image

朝顔は大好き。

 

ネットで調べたら、鳩居堂の絵はがきが本になってることがわかり、さっそく購入(*^^*)

f:id:hibinomarumaru:20170604002144j:image

f:id:hibinomarumaru:20170604002154j:image

もう本当にどれも素敵〜〜!!♡

 

誰かに葉書を出すような機会がたくさんあったら嬉しいし、

たいして無くて、手持ちの絵はがきをニヤニヤ眺めてるのもどっちもいいなあ♡♡(・∀・)ニヤニヤ