日々の◯◯。

ただのオンナに戻っておもしろおかしく、ミラクルな日々へ!

ゴールデンウィークやさぐれ日記&再生記

今日は、ものすごく久しぶり(数ヶ月ぶり?)に、ものすごく落ち込んだ話と、そこから復活するまでの記録を書いておこうと思います。

 

まず、ここ最近、真穂さんのブログや音声で、私はパートナーシップについて、今一度、意識を深く掘り下げていました。

煮詰まって考えていた、という感じではなく、ふとした拍子に、「あっ、私はこうだったんだな」みたいな気付きが、ポコポコと出てくる感じで。それも淡々と。

そんな感じで、新たな事に気付きつつ、そこも含めて楽しく過ごしていた所、なぜそうなったのか分からない位、数ヶ月ぶりクラスの落ち込みが、いきなり出てきました。

少しずつ、深く掘り下げるアプローチが、禁断の箱を開けたのか?

こんな落ち込み方はたぶん、継続コースの最初の頃以来、(なので半年以上)無かったと思う。

人と比べて私ダメー!!!私なんかー!!どうせーー!!みたいなやつ。。

 

きっかけはたいした事じゃないんですが、連休で家族連れで出かけている人達を、街中でたくさん目にして、「同年代がこうして結婚して子供も育てている中、私はダメなやつだなあ」「みじめだなあ」「こんな思いするのもあいつ(元彼)のせいだ」

という、ドロドロした気持ちがむくむく膨らんでいました。

 

あまりに気持ちが荒んでいたので、久しぶりにお花を買って帰ることに。

 

そして、これはあれだな、

石川啄木の、

 

友がみな我よりえらく見ゆる日よ

花を買ひ来て妻としたしむ

 

これに似てるわ。と、文学的なところに落とし込めた感があってロマンチック化され一瞬なぐさめられた気がしましたが、

 

待てよ。

石川啄木には、花買って帰る妻がいるではないか。

 

……

……

 

リア充爆発しろ

現代語的に言うとこう思ったよね。啄木め

 

そんなこんなで、もう、本当に落ち込み、自分も周りも責め、苦しい苦しい!とやってました。

 

ノートに書きだそうにも、あまりにドロドロした感情が爆発していた為、どこから書きなぐろうかも決められず、

また吐き出す怖さもあり、ノートに向き合うまで1日かかりました。

 

そして、そろそろノート書くか…という気分になった時に、まず先にやったこと。

・出かけるのと同じメイク&服に着替える

・部屋を軽く掃除する

これは、わたしの場合、

散らかった部屋とかボサボサな格好だと思考回路もブスになる(直視せず余計なものをくっつけたがる、被害妄想になる)

ので、普段ノート書く時はここまで気にしませんが、今回ばかりはこだわりました。そんだけ苦しかった…

 

※そして、身支度整えて掃除した時点で、だいぶ気分が良くなりましたが、ここで終わりにしてたのが以前の私だったな(なんだあんな怒ることなかったじゃーん!とか)、と気付きました。

気分転換して、無かった事にするヤツ!ごまかし上等!

それが後々、大爆発に繋がるのだよ。ふふん。

でも今はここで終わらせない。自分の気持ちをしかと見るのだ。

 

で、ノートに書きまくりました。

今数えたらA6サイズのノートに18ページ…狂気‼︎

 

まず、ドロドロ吐き出し編はあまりにあんまりな内容な為、ピーーーでとても記載できませんのでヒミツ。

で、さんざん吐き出した結果、結局私は、優劣の世界で生きたいんだなあ、と。

結婚しても、子供ができても、優劣の世界にいる限りは、また新たなネタで苦しいままなのに。

ノートに書く前から、「私まだまだ優劣の世界にいる」とは思っていたけど、ノートに書いてたら、

「でもそれ、降りちゃったらつまんないな…」というのが出てきて。爆

あーー、私、そこで楽しんでたんだなぁ。頭では、優劣の世界から抜けようと思っていたけど、抜けたくなかったんだわー。楽しんでるから。

 

でもな。

ここ最近、本当に楽しいこと、好きな事ばっかりしていて、しかもそれやってたら、ますます楽しい予定が向こうから(楽しい予定を作ろう!みたいに自ら動かずとも、お誘いがきたりして)やってくる状態ばっかりで。

そんな世界を経験してみると、逆説的に、今までネガティブな想いにエネルギー使っていた事が、最近本当にバカらしく思えてきている。

 

だから、これも同じだわ、きっと。

優劣の世界で見下したり見下されたつもりになる事は楽しいかもしれないけれど、同じエネルギー使うなら、

もっと楽しくて、その楽しいとか好きとかが循環する世界がある事を、私は既に知りつつあるじゃないか。

だからもう、やめにしよう、優劣の世界で遊ぶのは。もっと楽しい世界で遊ぶわ私。

 

それでね、じゃあ、優劣の世界はやめました、

で、

私は結局、今の状況が(人と比べてではなく)嫌なのだ。

もうほとほと、嫌になったのだ。

その嫌な状況が解決されるには、今の私が考えつく限りは、おそらくコレかコレかコレしかない。

↑でもどれも、現実私の力でこれ以上どうにもできない。誰かたすけて

 

誰かたすけて( ;∀;)

 

この言葉が出てきた時、胸がスッとして、ホッとしました。

さんざん騒いで、結論他力本願かよ!って感じかもだし、自分でも、いーのかこんなん?て感じですが、

もうこれがしっくりきてしまったので、これが現時点での私の答え。

「誰か」は、知り合いや友達かもしれないし、何か目に見えない力かもしれないし、分からないけど。

 

いや、既に現時点で、助けられている、

助けられてしか生きていないんだけど、

それでも、

もっと甘えてもいいのかな?委ねていいかな?助けてって言ってもいいかな?怒られないかな?

という気持ちなのです。

 

もしかしたら、私に必要だったのは、この姿勢かもしれないな。

 

これが正解かなんて、現時点では分かりようもなく、苦しい気持ちも無くなったわけではない。

ただ、ドロドロの気持ちを吐き出し、整理した事によって、「そこを見る怖さ」は無くなり、持ち運べるぐらいにはなりました。

 

あと、先日の記事からの流れで、私はすごく傷ついているんだな、今も。

ということも、今回よくわかりました。

もちろん、同じように相手の事も、おそらくだけど傷付けている。

hibinomarumaru.hatenablog.com

 

 

私は、傷付いた!!!

私は、悲しい!!!

私は、苦しい!!!

(大声)

はー、言えてスッキリ。

もうこれ。これに尽きるわ今年のゴールデンウィーク

 

そういえば、何か知らないけど、私は5月に絶望する事が多いんだよな。

毎年ってわけじゃないけど。バイオリズムみたいなもん?

んで、絶望した結果、6月にいい事が起きるという。

今年もその流れだといいな、ムフフ( ^ω^ )