読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の◯◯。

ただのオンナに戻っておもしろおかしく、ミラクルな日々へ!

【ただのオンナ回顧録 14】3回目セッションと東京ステーションホテルのこと

ただのオンナ回顧録

2016年の暮れ、継続コースの最終セッションでした。

 

もうプカプカしていて悩みらしき悩みがなくなってしまったので、近況の報告というか、「これからこうしようと思う!」みたいな所をお話でき、それに対してもたくさん応援していただきました。

 

 

f:id:hibinomarumaru:20170315150609j:image

少し話がそれますが、私はセッションは3回とも東京ステーションホテルでお願いしました。

↑これは別の時にステーションホテル内のとらやさんに行って買った、限定パッケージの羊羹!箱が素敵すぎる!そして「とらやの羊羹」は本当に美味しいと思う。

 

私、ステーションホテルも好きですが、「東京駅」が好きで。

人が行き交って、活気があって。「ここから色んな所につながっていて、どこへでも行ける」みたいな身軽さもある、いるだけでワクワクする駅。

東京駅周辺の雰囲気も好き。歴史ある建物と最新のビルと、その間をやたら走ってる黄色いはとバスも楽しげに見える。

そんな特別な「駅」と一体になっているホテルは、とても私を惹きつけるものがあり、セッションの時はいつも、ステーションホテルに行けることも楽しみでした(*^^*)ロビーラウンジの匂いも好き。

 

そして話戻って、

セッションが終わりラウンジを出ると、いつもの如く順番待ちのお客さんの列ができていました。

その光景を見た真穂さんが

「(年末でもなんでも)やっぱり人は集まる所には集まるんだねぇ」と。

 

本当にそうだな、と思いました。

私も東京ステーションホテルみたいになりたい。

ホテルみたいになりたい、って変ですけど。笑

なんというか、ただホンモノとして在るだけで、人やお金や、良いもの、質のよいものが勝手にやってくるというか…上手く言えないけど。

 

今こうして振り返ってみて、ますますそんな事が腑に落ち、

「私はホンモノの自分で在ることに夢中でいよう」 と思ったわけであります。

 

今回で回顧録終わるかなと思っていましたが、思わず東京駅とステーションホテルの事で長くなってしまったので、あともう一回ぐらい書きます笑