読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の◯◯。

ただのオンナに戻っておもしろおかしく、ミラクルな日々へ!

ずっと、受け取れていなかった。

日々思うこと

最近気付いたこと。

 

私はずーーっと、

「いま、目の前にある豊かさ」

を、受け取れていなかった。

むしろ、拒絶していた。

 

気付いたのは、先日、温泉旅行に行ったとき。

気持ち良い温泉に浸かって、美味しい食事を頂きながら、ふと、

「申し訳ない」

という気持ちが強く漂っていることに気が付きました。

 

私がこんなにいい思いをしたらいけないんじゃないか。

私ばっかりいい思いをして、家族に悪い。

私にはこんないい思いする資格ないんじゃないか。(←まだ言ってる)

エトセトラエトセトラ。

 

そんなだもんだから、せっかく温泉なのに、料理も美味しいのに、いやむしろいい思いをすればするほど、なんだか悲しくなっていく…

 

そして、今、目の前、の幸せを、「幸せ!♡」と感じることより、

悲壮感を感じることに集中していく。

 

なんなんだろう。

 

悲壮感(申し訳ないと思うこと、それによって楽しめない自分)を感じれば、

こんな私が良い思いをすることに対する、免罪符になる、と思ってるからだ。

 

なぜ、そんなにも私は、自分が幸せになっちゃいけないと、強く思い込んでいるのだろう。

 

振り返ればいつも私はそうだった。

 

昔付き合っていた人に、色んな所に連れて行ってもらって、すごく楽しくて嬉しかったのに、いつもなぜか悲しかった。

楽しければ楽しいほど。

幸せが壊れるのがいつも怖かった。 

(そして、たぶんそんなだったから、「楽しんでるんだか楽しくないんだか分かりずらい」と言われた。笑)

 

子供の頃も、家族で出かけても、「おばあちゃんは私が大人になる前に死んじゃうかもしれないから、この家族のメンバーでこうして出かけられるのはあとどれぐらいだろう」とか思って悲しくなることも。

お出かけが楽しくてキラキラしているほど、悲しい気持ちも濃くなった。

 

私はいつも、「今、ここ」に集中できない。

 

たとえば、

今、この瞬間の授業。

→学ぶことに集中せず、やり過ごすことにばかりパワーを使う。

みたいな。

 

この瞬間の、目の前の幸せ、豊かさ、美しさを受けとめずに、

目をそらしたり、心配事を思い出してみたり、

受け取らないほうに必死になっていた。

 

 

でももう、そんなの無意味。

バカらしいから。

もうそれ、やめる。

 

あれもだめ、これもだめ、

幸せを感じるなんてバチが当たる!!

みたいな意味わからん設定、棄てよう。

 

まずは目の前の、美味しい料理から、素直に喜ぼう。

ちゃんと受け取ろう。今この瞬間の豊かさを。

 

そう思い直し、「受け取ること」に集中していきました。

 

思えば私、色んなことを、受け取らずこぼしまくりだったんだなあ。

たくさん、与えられてきたのに。

たくさん、愛をもらっていたのに、「それ違う!」「それじゃダメ!」「私の思うカタチじゃない!」って、拒否してもきた。

幸せや豊かさが嬉しくても、全部受け取らないできた。

そのくせ、「私はもらえてない!」って思ってきた。めんどくさいヤツだな。。。

 

手の込んだ美味しい料理。

豊かな温泉。

気持ちいい布団。

全部味わって受け取ろう。

 

そしてちょうどこの温泉旅行の頃、自分がすごくダメだと落ち込んだり、

大きな決断をしようと思ってるけど、怖い…!!

みたいな事を抱えていたので、

「何か、温泉に入って、パッカーンしたらいいなぁ」

「煮詰まって考えていたことの、解答が出てくるといいなぁ!」

みたいな期待があったのですが。

 

結果、「全て大丈夫。」という気になりました。笑

 

何か「解答」や「これこれこうだからこれでOK」みたいなものではなく、

もう漠然と、でも確固たる、「大丈夫」、「大丈夫でしかない」。

なんか不思議ですが。

 

f:id:hibinomarumaru:20170201222650j:image

草津の湯畑です。湯けむりはいいなぁ…

 

そして、帰ると同時に、大きな決断、ができました。

というかもう決めて「意思表示する、伝える」しかない状況に、完璧なタイミングで、なりました。

 

そして今気付いたのですが、年が明けてからの私は超・ハイスピード。

元旦から文字通り、教習所以来の高速(10年ぶりぐらい?)を運転したり。笑

ブログを始めたり、奇跡的な事も起こり、大きな決断もし、すでに事が動いている…。

その間、1ヶ月。

前の私からしたら怖いぐらいのスピードだけど、今や怖くはなく。

すっごい楽しい!!(o^^o) 

 

自分の世界は、自分で創れる。

ということが、少しずつ経験できていき、ますます「こっちで大丈夫!」と思えて楽しくなっています。