日々の◯◯。

ただのオンナに戻っておもしろおかしく、ミラクルな日々へ!

ゴールデンウィークやさぐれ日記&再生記

今日は、ものすごく久しぶり(数ヶ月ぶり?)に、ものすごく落ち込んだ話と、そこから復活するまでの記録を書いておこうと思います。

 

まず、ここ最近、真穂さんのブログや音声で、私はパートナーシップについて、今一度、意識を深く掘り下げていました。

煮詰まって考えていた、という感じではなく、ふとした拍子に、「あっ、私はこうだったんだな」みたいな気付きが、ポコポコと出てくる感じで。それも淡々と。

そんな感じで、新たな事に気付きつつ、そこも含めて楽しく過ごしていた所、なぜそうなったのか分からない位、数ヶ月ぶりクラスの落ち込みが、いきなり出てきました。

少しずつ、深く掘り下げるアプローチが、禁断の箱を開けたのか?

こんな落ち込み方はたぶん、継続コースの最初の頃以来、(なので半年以上)無かったと思う。

人と比べて私ダメー!!!私なんかー!!どうせーー!!みたいなやつ。。

 

きっかけはたいした事じゃないんですが、連休で家族連れで出かけている人達を、街中でたくさん目にして、「同年代がこうして結婚して子供も育てている中、私はダメなやつだなあ」「みじめだなあ」「こんな思いするのもあいつ(元彼)のせいだ」

という、ドロドロした気持ちがむくむく膨らんでいました。

 

あまりに気持ちが荒んでいたので、久しぶりにお花を買って帰ることに。

 

そして、これはあれだな、

石川啄木の、

 

友がみな我よりえらく見ゆる日よ

花を買ひ来て妻としたしむ

 

これに似てるわ。と、文学的なところに落とし込めた感があってロマンチック化され一瞬なぐさめられた気がしましたが、

 

待てよ。

石川啄木には、花買って帰る妻がいるではないか。

 

……

……

 

リア充爆発しろ

現代語的に言うとこう思ったよね。啄木め

 

そんなこんなで、もう、本当に落ち込み、自分も周りも責め、苦しい苦しい!とやってました。

 

ノートに書きだそうにも、あまりにドロドロした感情が爆発していた為、どこから書きなぐろうかも決められず、

また吐き出す怖さもあり、ノートに向き合うまで1日かかりました。

 

そして、そろそろノート書くか…という気分になった時に、まず先にやったこと。

・出かけるのと同じメイク&服に着替える

・部屋を軽く掃除する

これは、わたしの場合、

散らかった部屋とかボサボサな格好だと思考回路もブスになる(直視せず余計なものをくっつけたがる、被害妄想になる)

ので、普段ノート書く時はここまで気にしませんが、今回ばかりはこだわりました。そんだけ苦しかった…

 

※そして、身支度整えて掃除した時点で、だいぶ気分が良くなりましたが、ここで終わりにしてたのが以前の私だったな(なんだあんな怒ることなかったじゃーん!とか)、と気付きました。

気分転換して、無かった事にするヤツ!ごまかし上等!

それが後々、大爆発に繋がるのだよ。ふふん。

でも今はここで終わらせない。自分の気持ちをしかと見るのだ。

 

で、ノートに書きまくりました。

今数えたらA6サイズのノートに18ページ…狂気‼︎

 

まず、ドロドロ吐き出し編はあまりにあんまりな内容な為、ピーーーでとても記載できませんのでヒミツ。

で、さんざん吐き出した結果、結局私は、優劣の世界で生きたいんだなあ、と。

結婚しても、子供ができても、優劣の世界にいる限りは、また新たなネタで苦しいままなのに。

ノートに書く前から、「私まだまだ優劣の世界にいる」とは思っていたけど、ノートに書いてたら、

「でもそれ、降りちゃったらつまんないな…」というのが出てきて。爆

あーー、私、そこで楽しんでたんだなぁ。頭では、優劣の世界から抜けようと思っていたけど、抜けたくなかったんだわー。楽しんでるから。

 

でもな。

ここ最近、本当に楽しいこと、好きな事ばっかりしていて、しかもそれやってたら、ますます楽しい予定が向こうから(楽しい予定を作ろう!みたいに自ら動かずとも、お誘いがきたりして)やってくる状態ばっかりで。

そんな世界を経験してみると、逆説的に、今までネガティブな想いにエネルギー使っていた事が、最近本当にバカらしく思えてきている。

 

だから、これも同じだわ、きっと。

優劣の世界で見下したり見下されたつもりになる事は楽しいかもしれないけれど、同じエネルギー使うなら、

もっと楽しくて、その楽しいとか好きとかが循環する世界がある事を、私は既に知りつつあるじゃないか。

だからもう、やめにしよう、優劣の世界で遊ぶのは。もっと楽しい世界で遊ぶわ私。

 

それでね、じゃあ、優劣の世界はやめました、

で、

私は結局、今の状況が(人と比べてではなく)嫌なのだ。

もうほとほと、嫌になったのだ。

その嫌な状況が解決されるには、今の私が考えつく限りは、おそらくコレかコレかコレしかない。

↑でもどれも、現実私の力でこれ以上どうにもできない。誰かたすけて

 

誰かたすけて( ;∀;)

 

この言葉が出てきた時、胸がスッとして、ホッとしました。

さんざん騒いで、結論他力本願かよ!って感じかもだし、自分でも、いーのかこんなん?て感じですが、

もうこれがしっくりきてしまったので、これが現時点での私の答え。

「誰か」は、知り合いや友達かもしれないし、何か目に見えない力かもしれないし、分からないけど。

 

いや、既に現時点で、助けられている、

助けられてしか生きていないんだけど、

それでも、

もっと甘えてもいいのかな?委ねていいかな?助けてって言ってもいいかな?怒られないかな?

という気持ちなのです。

 

もしかしたら、私に必要だったのは、この姿勢かもしれないな。

 

これが正解かなんて、現時点では分かりようもなく、苦しい気持ちも無くなったわけではない。

ただ、ドロドロの気持ちを吐き出し、整理した事によって、「そこを見る怖さ」は無くなり、持ち運べるぐらいにはなりました。

 

あと、先日の記事からの流れで、私はすごく傷ついているんだな、今も。

ということも、今回よくわかりました。

もちろん、同じように相手の事も、おそらくだけど傷付けている。

hibinomarumaru.hatenablog.com

 

 

私は、傷付いた!!!

私は、悲しい!!!

私は、苦しい!!!

(大声)

はー、言えてスッキリ。

もうこれ。これに尽きるわ今年のゴールデンウィーク

 

そういえば、何か知らないけど、私は5月に絶望する事が多いんだよな。

毎年ってわけじゃないけど。バイオリズムみたいなもん?

んで、絶望した結果、6月にいい事が起きるという。

今年もその流れだといいな、ムフフ( ^ω^ )

 

 

 

スマホ上の新月とか満月とか 感性を働かせないできた私

昨日は新月でした。

ここ数ヶ月、月の満ち欠けを気にするようになった私ですが、それ、「データ上だけの認識」になってたな…と思った件について書きたいと思います。

 

それに気付いたのは、この前の満月でした。

帰り道、夜空はよく晴れていて、まんまるで大きな月がぽっかり浮かんでいるのが目に入りました。

きれいだなー。あー今日満月だったな!と思い出し、そして「ここ数ヶ月、満月の手放しーとか思ってやってきたけど、そういえば、実物の月を気にした事なかったかも…」と思ったのです。

私はここのところ、スマホで月のカレンダーを確認して「明日が満月かー」とか思っていて、何というか、スマホ上の満月だったんです。

夜空を見上げることもせず、ネットで確認した知識として、「今日が満月だ」と思ってるだけ。

これ、なんか違うよな、ヘンだよな…。

月はこうして頭上にあって、まるく輝いているのに、それを見ようとも思わず、アタマで「今日は満月ー!」って思ってるの、なんか変だよ私!!

 

昨日は曇り空で、月の姿はわからなかったけれど、空を見上げてみました。

曇っているから姿は見えないな、でも雲の上には存在してるんだよなー、とか、いや時間が遅いから既に沈んでいるかも?とか、見えないなりに「月の存在を感じる、思いを馳せる」事ができたように思えました。

こうして、自然や、与えられているもの、美しいものを、どんどん感じて受け取っていけるように、感性を研ぎ澄ませていきたい。

特に日本人は昔から、花鳥風月を感じて愛でてきた民族だと思う。

そういう感性を、私も引き継いでいきたい。

 

そうそう、私、真穂さんとの初回セッションがちょうど、「シークレットムーン」という、特別な満月の日で、

しかもセッションの時間が、ちょうど満月の時刻だったのですね。

もちろん昼間だし室内なので月が見えたわけではないけど、真穂さんに「今がちょうど満月の時刻ですよ!」と聞いて、鳥肌がたったのを思い出しました。

「見えないけど、なんか天体は凄い事になっているらしい!いま!」というのを、「感じた」瞬間だったなー。

 

そして、ちょっといきなり壮大な話になってしまうけれど、こうして何かを感じられるという事は、生きてるって事だよなーとしみじみ思えてきて、ああ有難いな、感謝だな、と思います。

今日はなんだか真面目な記事になりました。(いつもがふざけてるわけではないですが(^^;)

なんだかまとめに困ってきたのでここで終わります…

おやすみなさい!

 

とらやのあんみつに感激した話

あんみつなんて、どれも大差ないというか、ずば抜けて美味しくなりようがないと思っていた私。

 

それが最近、とらやのあんみつを食べる機会があり、ずば抜けて美味しい事に驚いたので、今回はとらやのあんみつについて熱く語る回にします。

(そういえばこういう記事も書くつもりで、日々の◯◯。というブログにしたんだった。)

f:id:hibinomarumaru:20170424012906j:image

 

その日、特にとらやさんに行くつもりはありませんでした。

買い物があり、昼も食べず銀座から東京駅付近までウロウロ歩き回った私は、いいかげんひと息つきたいなと思い、気分は和菓子だったので、ステーションホテル内のとらやカフェに入りました。

 

※ついこの前のブログ東京ステーションホテル (パズルのピースに出会った編) - 日々の◯◯。で、

「とらや MY LOVE♡♡ あー 食べたい♡♡」とか言ってて、その時はこんな直近で食べる予定も無かったんですが、最近こういう形で、書いたことがポロッと現実になるから自分でも驚く…

 

さて、あんみつの話。

 

私はあんみつが好きである。

が、「あんみつ」を頼んでおいてアレですが、私は、あんみつにあんこは要らないと思っていた。

なんかずっしりして重いんだもん…とくに、つぶあんだと。

 

あとあの、へんな豆。なんか酸味が強くて、何で入っているのか分からないやつ。あれ要る?

みつ豆」ってのもあるくらいだからね、豆取ったらみつしか残らないじゃん。

でゆうか「あんみつ」も、あん取ったらみつしか残らないじゃん。

 

うん、つまり私、寒天に黒蜜かかってるのが好きなんだな。。。そこにアイスあればなお良し、たまに求肥、フルーツもあればいいね。

 

そんな私のあんみつ観を、「とらやのあんみつ」は、ぶち壊してくれました。

とらやカフェには、今まで何度か行った事がありましたが、あんみつを食べたことはありませんでした。

なぜなら、「あんみつはどこも大差ない」はずと思っていたから。とらやに来たんだし、と、羊羹のプレートとか頼んでました。

しかしこの日は売り切れメニューが多かったのと、暑かったこともあり、あんみつを注文。

 

f:id:hibinomarumaru:20170424035210j:image

確か今月中までの限定の、梅あんみつ。黒蜜の代わりに梅シロップ!歩き回った後なのでアイスティー。

 

まず、大好きな寒天から。

梅シロップ美味し〜〜!!!(゜∀゜)

 

そして、問題のあんこ。

あーあんこね、要らないけどねー、ちょっとは食べよう。 

!!!(゚A゚ )ハッ

なにこの美味しさ!!!

お、おいしい…やっぱり、とらやのあんこはおいしいんだ…なんてことだ…

 

あっ、寒天にまざって、水ようかんも入ってる…!わあ、とらやのようかんの味だ〜〜!!!

 

しばしカルチャーショック状態で食べ進める私。

そして出てきたアイツ。豆。

これがまた…悔しいほど美味しい…

何なん!!(*´∀`)

 

もうここまで来たら驚かないけど、求肥も普通じゃない。 

要らない部分がないあんみつ!!!

初めて出会ったよ!!

 

おいしいって、正義だなあ。

こんな簡単に幸せになるんだもん。

そして何でも、食べてみないとわからんなあ。

 

 

2017.7.18 記事追加しました↓

hibinomarumaru.hatenablog.com

 

 

まだまだ、だまし屋。

最近、こんな楽しくていいのかな⁉︎と思うほど、好きなことばっかりして暮らしています。

 

そんな生活でますます、「好き」と「嫌」が研ぎ澄まされているのか、

ここに来て、ようやくわかったことがありました。今さら感すごいけど…

 

私の中で、長いこと、長いこと、

あってはならぬ事になっていた感情があったという事に。

 

婚約解消からの流れで、自分を見つめ直し、

その過程において、自分が見ていた世界が歪んでいたこと、世界はずっと素敵で優しかったことがわかり、そう感じたことにはもちろん嘘はない。

 

でも気付けば私、「自分が見ていた世界」が、そうではなかった(歪んで見ていただけ)と気付いていく程に、

「自分が感じていた気持ち」まで、「間違いだった」と、否定していた。

 

私が、嫌だと思った事も、

彼に対して不満に思った事も、

「私が間違った捉え方をしていたが故に、生まれた感情」であって、その感情はマチガイ、生まれるべきではなかった。ミステイク、過ち。

 

もう、全否定。

 

でも私、嫌だったよね。

大爆発するぐらい、苦しかったし悲しかった 。

それも、受け止めてはもらえなくて、あっさりと終わりは来て、不信感や怒りや悲しさでいっぱいだった。

そして今度は自分にすら、その感情を受け止めてもらえず、無かったことにされていた…。

でも私は真剣だった。

そんなに悲しむほど真剣だったことを、無かった事になんてできるわけない。

たとえその経緯が、今はコントに思えても、私が感じた感情は、確かに「在った」。

そこに間違いも何もない。無かったことにしようしようと、盛大にズレていた私。

自分を直視、なんて、まだまだやってるつもりだったなー。

自分だまし上手だったわー。

あれまー(..)

 

そもそもなんで私は、そこを無かったことにしたかったんだろう?

私は、彼への不満や、嫌な感情を自分で認めた時に、「自分の気持ちが彼から離れる」ことが怖かったんだなあ。

だってそしたら、この数年がムダになっちゃう気がして。

「そんな相手だから結婚しなくてよかった〜!」になるのが、嫌だった。私が好きになった人だもん!否定すんな!!という気持ち…

 

だけど今、こうして、未だある怒りも、悲しみも、苦しさも認めて、感じてみて、

それ(彼に対するネガティブな感情)はそれとして在って、

「彼に対する感謝とか、まだ好きである気持ち」も、別に無くならない

という事に気付いた。

どっちもあって、どっちも本当。

 

今までは、「嫌な気持ちを認めたら→結婚しない方がいい相手だから→諸々の気持ちに蓋をして→これからの事を考えねばならなくなる」

という思考回路だったのだな。。。

それ、不自然!!

 

もう、いいや。

自分の中にあるものを、淡々と見ていよう。

コントロールしようとしない。

手放したい、大事に持っていたい、もしくは大事に持ったまま歩き出したいとか、そういうのは気の向くままに、流されてみよう。

 

最近ノートの減りが早いので 仕入れました♡

 

f:id:hibinomarumaru:20170424091403j:image

ハシビロコウさんがツボw

 

f:id:hibinomarumaru:20170424030356j:image

ふせんも買っちゃった笑♡

 

東京ステーションホテル (パズルのピースに出会った編)

ずいぶん間があいてしまいましたが、続きです!今回は完全に、私の趣味嗜好についての、自己発見・記録の記事です…

 

 (前回までの記事はこちら)

hibinomarumaru.hatenablog.com

 

 

hibinomarumaru.hatenablog.com

 

 

hibinomarumaru.hatenablog.com

 

東京ステーションホテルに泊まった時に、部屋にあったこの雑誌。

f:id:hibinomarumaru:20170416185754j:image 

f:id:hibinomarumaru:20170415231725j:image

ここでこの本に出会った事で、

少し前に私が感じていたことと、パズルの隣り合わせのピースがいきなり見つかってパチっとハマったかのように、自分に対する発見がありました。

f:id:hibinomarumaru:20170416185821j:imagef:id:hibinomarumaru:20170416185825j:image

※とらや MY LOVE ♡♡♡ あー食べたい♡

 

まずは、ちょっと懐かしいこの記事。

hibinomarumaru.hatenablog.com

 

ここで、セリーヌのヴィンテージバッグを見つけて、ヴィンテージバッグの魅力に惹かれた私。たて続けに2つ買ってるし。

 

で、ね、

なんで私は、こんなにヴィンテージバッグがいいと思うのかな〜

と、疑問が湧いていたんです。

(このあたりから、うまく説明できないのですが。「疑問」というのもピッタリな言葉ではなくて、なんというか、うーん、好きなのは明確だけど、なぜ好きか、を言葉にできない感じ…)

 

でもこのバッグを買った当時はあんまり気にとめていなくて、「そのうち何かが繋がって、あーっ!てなるかも」ぐらいに思っていました。

 

そしてこの雑誌に書いてあったこと。

(人がブランドに惹かれるのは、)

その背景にある歴史であったり

信用するに足る確かな品質であったり、

そのブランドがまとう「物語」と「技術」に惹かれているケースが

多いのではないかと思う。

というような事が記されていました。

 

そうかー!!!

私の、上手く言葉にできない感覚は、これだったんだよ!!

 

私は、古いものなら何でも好きというわけではなく、

・古本ダメ

・リサイクルショップ(家電とかの)ムリ

・古着ムリ

(汚そうだし店自体が変な臭いするしムリ。店に入りたくもないし使うのもムリ。ここらへんに対しては潔癖症になる)

 

なのに、

・クラシカルなデザインのヴィンテージバッグは好き

・アンティーク着物は好き(古着なのに)

・古本も、「古書」まで行けばOK

って、我ながら矛盾しているよなと思いつつ、ずっとその、自分の中の好き嫌いの基準が、上手く言えなかったんです。

 

まだ完全に言葉にできてる気はしないけれど、

私は、

「その物がもっている物語に惹かれている」

「その物語とは、ほぼ私の妄想(実際の事は何もわからない)でよくて、そこに何か美しい物語が想像できれば、それで良い」

ということ。

 

だから例えば、

「ブランド品高く書います!!」と看板出しているような店では絶対買いたくないし(ここは私の中で、「お金に困ってブランド品を売る」とか、「別れたから彼にもらったブランド物を売る」とか、「好きでもない人にもらってどうでもいいから売る」みたいなイメージあり)、

新品でも、ディスカウントショップみたいな所で売られているブランドものには(美しい)物語は描けない。

 

かたや今ではたぶんあまり見かけない、古風なデザインのものばかり揃えた、お洒落なヴィンテージショップ、でなら、簡単に欲しくなる。

(こっちは、もともと気に入って所有していて、でももっとお気に入りを買ったとか、物のエネルギーと波長が合わなくなっただけ、みたいな感じで持ち主の手を離れた、とかのイメージ。プラス、クラシカルなデザインばかり揃えた、お店側のこだわりや愛が感じられる)

 

いやぁ〜我ながら、勝手な、都合のいい解釈してんなぁ!!笑

 

でもそれでいい、事実史実は知りようもないけど、事実がどうかよりも、

私がどう感じるか

美しいストーリーが描けるか

なんだわ。

そこが私のときめきの、ひとつの基準なんだわ。

 

そんな事が腹におち、ネイルサロン(前回の記事) の後に本屋さんに寄り、無事にこの雑誌を見つけて帰路についたのでした。

 

というわけで、

これで東京ステーションホテル宿泊シリーズはおわりでーす!(^^)/

 

気付けば泊まってからもう半月ぐらいになり、直後は分からなかったけれど、私の中ではやはり色々崩壊したというか、

「やりたい(けどもう2,3ヵ月先ぐらいでいーや)」と思ったことを、一週間後にやってる、みたいな事が続いていて、ちょっと自分でもビックリで、とまどいも正直あります…怖さとかも。

でも、怖さも、美しい物語も、どっちも私の妄想だから、選びたいほうを、選べるんだよなぁ。

 

泊まってきました東京ステーションホテル チェックアウト後(設定崩壊@ネイルサロン編)

 前回からの続きです。

hibinomarumaru.hatenablog.com

hibinomarumaru.hatenablog.com

 

 

ホテルのチェックアウト後、お腹もいっぱいで少し散歩することにしました。

 

ビルの間をぶらぶらしていたら、たまたまネイルサロンの前を通りかかりました。

そういえば、指先のケアが気になっていたんだった…。

自分でのケアは、私の技術が大変乏しいため、やはりそれなりの、素人がやったなというレベルで。

プロにお願いしてみたいけど、「ケアだけお願いするって、嫌がられないかな…」とか、「いつか、セルフケアも上達するかもしれないから、ならお金払ってお店でやるのもったいないし」という思いがあり、(いつかって、いつだよ)ずっとなあなあにしていました。

だからやりたいことリストにも挙げてなかったしね。

 

でもこの日、私が通りかかったサロンは、ガラガラ。

今なら、予約もせずいきなり飛び込んでも、大丈夫かもしれない…

(おそらくランチタイムの丸の内で、OLさんがネイルやりにくる時間では無かったためで、私はラッキーだったと思う)

 

と、思いながら、店の前を通過。

 

…でもやっぱり!

ステーションホテルといい、今日は設定変更する日!!行ってみよう!

 

と、踵を返し、お店に踏み入ってみたのでした。

 

ケアだけお願いしたい旨を告げると、快く案内して頂けました。

 

長さと形を整えてもらった時点で、

「わー!キレイになった♡」と感動。

 

「形整えるだけで気分すごく違いますよねー♡」と嬉しそうに応えてくれるネイリストさん。

ケアだけで来店は悪いな、と思っていた私の設定、崩壊。

 

最近よく思うのだけど、女同士っていいもんだなあ。

平和だなぁ。

私、女の世界はめんどくさいと思っていた。

男同士の、サバサバした友情、みたいな付き合いはラクでいーよな、と思っていたし、

私は男より女に嫌われる事が怖かった。

(女のほうが陰険だと思っていたし、異性にはただ一人好きな人に好かれればそれで良いけど、同性には「みんな」とうまくやらなきゃという設定もあった)

 

でも。

たぶん本来、こうなんだろうな、

女同士って、こうやって、きれいなもの、愛しいもの、平和なものを、みんなで味わって、繁栄していく、そういう生き物なのじゃないかな。

 

 

そんなことを私が思っているうちに、手際よく甘皮の処理がされていく。

やはり自分ではできないぐらい、甘皮をゴッソリ取ってくれるし、それを見ていると気分もとてもスッキリ快感(^^)

 

キレイになった指先を見るのは、本当に精神衛生的に価値があるな。

人間、自分の姿を見ることはほとんどできなくて、その中で、手は一番、自分の目につくパーツであると思う。

その手がキレイであると、

→目に入る自分がキレイだと認識できる。

→自分(全体)がキレイな気になれる

という連鎖(^^)

 

そして、ホテルに泊まることも、ネイルサロンも、ほんとーーに、やってみてよかった!!

設定崩壊、大成功(^^)v

もっと早くやってみればよかったー☆

 

指先をキレイにしてもらって、さらにぶらぶらし、

次は本屋さんに行きます。

つづく

 

 

 

愛ばっかりの世界で、私も生きたい

santasantasan.hatenablog.com

昨日の真穂さんのブログを読んで、溢れてきたものがありました。

これからの私の為にも、ここで気持ちを新たにし、愛しかない世界を選んでいきます。

 

まず、私が思い出したのは、初回セッション後に私が真穂さんに送ったメール。

hibinomarumaru.hatenablog.com

 記事より抜粋↓

そして、この、「男性性の仮面」というのが、まさに私のめんどくさいプライドだ!と思ったんです。
外さない限り、苦しいのは自分。まさにそれ。

真穂さんに、息苦しいと言われたけど、帰り道、「てゆーか、こんな自分、私が一番息苦しいわ!!(笑)」と、一人笑ってしまいました^^;

私、たぶんすっごい仮面ついてるんですよ。なんかすごいやつ(笑)それも、自分ではそこそこ気に入ってるの。苦しさも感じてるけど外すなんて怖い!みたいな…(しかも思ったんですけど、他人から見たら、なにあの仮面変だよね、何で付けてんの、ってなってそう…)

この、プライドまみれの仮面。

弱い自分、できない自分、人と比べてダメな自分を、見たくなくて、見せたくなくて、でも、つけてる自分も苦しいし周りから見たらむしろピエロ。

 

この数ヶ月で、自分に正直になることの気持ち良さ、ラクさを知り、

生きづらさは自分が創り出していただけ。

ということを体験としてわかってきました。

 

しかしまだまだ、

私は人を見下して自分を正当化したい=そうしないと自分を肯定できない。

と思っている所があるし、

その肯定したくない自分の弱さ、小ささを、ちゃんと見ようとしていない。

 

そこを直視しようともせず(自分のサイズも測らず)、勝手に、必要のない勝負の世界にエントリー。

 

まさに最近でいうと、「東京ステーションホテルには有閑マダムみたいなのばっかりで私なんか笑われるんじゃないか…?!」ってやつ。

でも実際行ってみたら、私が頭の中に描いてた、漫画みたいな有閑マダム(どんなだ)も見なかったし、むしろエレベーターホールで一緒になった品の良い老夫婦が優しかったり、ホテルの従業員さんたちも素敵でしかなく、もう世界は愛ばっかり、本当私が今まで知らなかった、知ろうとしなかっただけ。

だって戦いの場が人生だと思っていたし、それを楽しんでいたから。

威嚇する動物みたいに、自分を大きく見せないと生きていけなかった。

 

でも、仮に大きく見せたところで、知れている。

私にできることなんて、本当に、ほとんどない。

享受するのみ。

今こうして、携帯やパソコンがあって、自分の想いを発信しようとすることさえ、私には携帯作る技術もなにも無いし、ネットで無線で飛ぶって未だに意味不明で魔法みたいに思うし、あんな重い飛行機が飛ぶのも、なんか騙されてんじゃないかと思うぐらい理解できないし、

そういうものすごい技術を研究してつくった人のおかげで、衣も食も住も、それ以上のことも、こんなに満たされている。

そしてそれは、私がいくらお金を積んだところで、それを生み出してくれる人の力なしには存在し得ない。

今同時に生きている人たちもそうだし、そうやってずっとずっと前から、世界を変えてきてくれたご先祖様方がいる。

 

色んな奇跡も、私がすごいからじゃなくて、そんな仕組みを起こしてくれる世界、それを創ってる神様がすごいからだ。

そしてそのほうが、「私がすごい」よりもずっとずっと無限でずっと嬉しい。

 

私にできることなんて、本当に、受け取ることぐらいだけど、そんな私なりに、精一杯受け取ることが、一番、恩に報いることではないかと思う。

私だって、プレゼントは大喜びして受け取ってもらえるのが一番嬉しい。

 

そして、真穂さんの「怒り」は「愛」なのだと、昨日、すごく感じました。

うまく説明できないんですが、私はまだ、「怒り」は「怒り」でしかない世界に生きていて、でもそれ、つまんないから、私も、「全てが愛、愛しかない」世界で生きると決めた。

 

先日ちょうどステーションホテルのロビーラウンジの前を通り、初回セッションの頃を色々思い出したりしていたので、今回の真穂さんの記事といい、私の、原点に還るタイミングなのだなと思います。

 

真穂さんは記事にするか迷ったとありましたが、書いてくださって感謝です(;o;)

私も書きながらどんどん涙が…(;o;)笑

朝なのに目が腫れちゃう!