日々の◯◯。

ただのオンナに戻っておもしろおかしく、ミラクルな日々へ!

久々に。全て◯◯。

お久しぶりでございます(^O^)

 

ブログを書く事をストップしてから、ひと月ちょっと経ちました。

今また新たな気持ちになったので、少しここ最近のことなどを書こうと思います。

 

 

7月の終わりに、「とにかく興味が無くなった」と、ブログをストップしました。

自分でも、この先また書きたくなるのかも分からない。

 

そんな数日後に、たまたま目にした言葉が、私の何かを決壊させました。

ある本の紹介文だったのですが、

「自然界では、ここがダメだから変わろう、としているものはない」

「人間だけが、ダメだ変わらなきゃ、と思っている」

みたいな内容だったと思います(確か)。

 

これを読んだ時、頭が文章を理解するより先に涙がぶわっと溢れてきて、まぶたが腫れそうな位、泣きました。

 

何でこんなに、涙が出るのだろう。

何でこんなに、悲しくなるのか。

 

私はもう、変わらなきゃと頑張りたくない。

私はずっと、辛かったんだった。

 

この一年、

婚約破棄される私→変わらなきゃ

生きやすく、毎日穏やかで楽しくなって、「自分」は本当に変わったけど、「外側」は何もたいして変わらない。そこだけがずっと苦しいまま。→まだまだ私が、変わらなきゃ。学ばなきゃ

いや、外側に求めるのがそもそも違うんじゃないか?→どうしたらいいか分からんけど変わらなきゃ…

 

この一年、ずっとそうして、「今の自分じゃダメ」をやってきたんだった。

色々と学ぶ事、そして変化する事は本当に楽しくて、楽しいが故にここまで来られて、でも、楽しさに隠れて、自分をすごくすごく責めていたことに、気が付かなかった。

(いや、気付かなかったのは言い訳で、本当は、確信犯のいじめっ子みたいに、楽しさを隠れみのに、自分責めを続けたかったのかも。責めてればダメでも許される発想)

 

そして、「こんな自分ダメ」な気持ちを無くしたかったけれど、蓋をしても無駄な事もわかっていたので、

自分ダメゲームをしたいのね。はいオッケー。と、もう気が済むまでノートで自分ダメ攻撃をしました。ここがダメ、ここもダメ…と。

そうしたらふと、

「ダメなままじゃ、ダメなの?」

という言葉が湧いてきて。

 

ダメで何がダメなの?ダメなままじゃダメなの?

(えΣ(・∀・;))

(なにその発想Σ(・∀・;))

ダメでもダメじゃなくない??

(なんか笑えてくる)

(文中にダメが出てきすぎてもはや意味が分からんw)

あーー…、なんかもう、ダメなままでもいっかぁ…しょうがないもんね…(諦め)

 

ダメなままで、楽しく幸せで在ろう。

ダメでも、不幸にならない。

ダメ(苦しい)という気持ちも、生きてる豊かさ

その感覚がやっと、やっと少し掴めたように思います。

そして、ダメなままで踏み出そう。

 

思い返せば、私がブログを始めたのも、「自分を変える為に、頑張ろう」という気持ちがあったのです。

ブログなんて面倒そうだから、やらないと決めていた。

でも、ちょっと興味がでてきた。ブログに放つってどんなかな?

→ちょっと勇気を出してやってみよう。

やれば、自分も外側も、何か変わるかもしれないし。と。

 

やってみた事で、ブログの面白さや、新しい世界を知ることができて、それは本当に、勇気を出してでもやってよかった。

ただ、「もう自分の事を書くことに興味がない」と言った頃の私は、「もう、変わることに頑張りたくない」という気持ちが表れていたのだと思います。

(書きたい時に書いていたので、「書かなきゃ」というのは無かったけれど、なにぶんスタートが「変わらなきゃ」だったので…)

「ブログに対する好奇心」が満たされた時、あとはもう、書く動機付けが無くなったんですね。

 

「変わろう」とすることは、確かに人間だけがやっている事かもしれなくて(いや、進化を考えれば生物みな変わろうとしてるのか?)、

でも、「変わらなきゃ」のおかげで、人類は発展したわけだし、「変わらなきゃ」は本来素敵なことなのだと思う。

 

けれど、私の場合は、自分を認めない、ダメ出しダメ出しの「変わらなきゃ」で、それに疲れたし傷付いてもいた。

 

たぶん、そういう「変わらなきゃ」は、アタマで考えた不自然な「変わらなきゃ」で、本来はもっと自然に、勝手に変わっていくのが命なのだと思う。

 

そしてその、不自然な「もっともっと、変わらなきゃ」を諦めたら、

(↑諦めたって、「ダメな自分をも認めて好きになる♡」みたいなのじゃなく、「もーしょうがないし…」っていう格好悪いやつ…)

 

色んなことが、どっちでも良くなった。

 

どっちに転んでも、どうせ大丈夫。

大丈夫にしかならない。

 

また感覚のはなしですが、最近、

◯の中にいるんだなー

と思うのです。

 

◯の中にいて、自分も丸ければ、どこにぶつかっても痛くないし(仮に痛くてもどうせ大丈夫なんだけど)、

どっちに行っても、◯の中で循環するしかないんだわ。

どうやったって、◯の中で守られてるし、循環するようにしか、出来てないんだわ、本来。

自分が(本来◯なのに)◇とか△になるから、ぶつかったり転がれなくなったりするんだわ。

 

そう、マルだよマル。

私、このブログのタイトル「日々の◯◯。」を考えた時に、

「色んなテーマの事を書くかもしれないから、何でもござれの意味で」と、◯◯と名付けたのですが…

 

自分の意図の範囲外で、その伏線が、ここに来て回収された!!みたいなね(^^)スゲー!!

(ほらーー!!やっぱ◯の中で循環しかないんだよ!!♡)

 

 

という感じで、やっとここまで、穏やかな気持ちで暮らせるようになりました。

振り返ればちょうど去年の今頃、真穂さんのブログを見つけて、申し込みしようかな…とか思っていたんだった(*^^*)懐かしい…

一年のサイクル◯(←!)をまわって、次のサイクルも絶対大丈夫。遊んでれば大丈夫。(根拠はない。でもそう感じるからそうに決まってる。エッヘン) 

 

 

f:id:hibinomarumaru:20170905013141j:image

↑好きなものは何度でも!!(*^^*)

 

 

そして、このブログも、本当どっちでもいいというか、良い意味でどうでも良いというか、

たぶんあんまり更新しないと思うけど、たまにまた、なんか書いたりするかもしれません。気まぐれ。笑 

 

 

私の変化。ブログどうするの巻

このところ、ずっと心にあって、どうしたものかな、と思っていた事があります。

 

それは、「このブログをどうするか」。

 

継続コースの回顧録をはじめ、ずっと私の心境や変化を綴ってきたこのブログですが、

ちょうどひと月程前に書いた「10と0の間」の後ぐらいから、自分の心境をブログに書くことに、ぱったり興味がなくなってしまった。

 (…と、ブログに書くのは矛盾してますがね)

 

あの記事に書いたように、あの時、

それまでの自分が一度死んだかのよう

という感覚だったのですが、ブログに自分の軌跡を記すことに対しても、それまであった気持ちが、やはり無くなってしまった。

書きたいなと思うのは、

「自分の心情、気づき」から、

「自分の好きなものについて語ること」に

シフトしている。

 

それならそれで、このブログ内で書きたい事だけを書いたり、別ブログを作るとかも良いなと思っているのだけれど、

それより考えるのは、私は何か、ごまかそう、逃げようとしているのか??

という所。

 

さんざん疑ってみたけれど、どうも私は、本当に興味が失せているらしい。

 

そもそも私がブログを始めたのは、

「自分の想いをブログで放つ」という、未知の世界を体験してみたかったから。

そこについては、半年位だけど実際に経験した事で、もう気が済んだと思われる。

そして実際にやってみて私が感じたのは、「ブログに放った事は、自分に還ってくる」ということでした。

(ごく簡単に言うと、「好き!」を放てば「好き!」が還ってくる。何らかの形で。というような事)

↑だから、「好き!」に特化したブログを、書きたいのかもしれないな。

 

先日、プレゼントセッションで真穂さんにお会いし、このブログ問題(?)、まだ自分の中で全容は見えてこない状態ですという話をし、話しながらも、「あぁ私は多分今のブログやめるんだろーな…」という感覚でいました。

 

色々と観察した結果、どうするか今は決められない(また書きたくなる時が来るのかもしれないし、先の事はわからない)ので、とりあえずこのブログはこのまま放置するかもしれません。ということだけ記しておきます。

 

私ね、以前にも一度「回顧録を完結させたのを機に、ブログの更新減らそうと思いまーす」と言って、そのあと「やっぱブログだわ」と撤回した経緯があって、

今回やめる宣言してまた始めたらオオカミ少年じゃん。笑

なので、今こんな感じなので、それに従って更新しないと思うけど、生きてます!(笑) というお知らせ記事でした。

 

これまでお読みくださった方々、ほんとうにありがとうございます。

それではごきげんよう〜〜\(^o^)/

 

届け、とらや愛。

だいぶ前に書いたこの記事、

hibinomarumaru.hatenablog.com

 

 

いま、Google

「とらや あんみつ」と検索すると、

上位に上がってくるようになってます…!!

ヒャーーー!!ヽ(゚∀゚ )ノ!!!!

 

そして、思ったのです。

 

もしかしたら、これは…

この記事が、とらやの関係者の方の目にとまる事が、あるかも…しれない…( ・`ω・´)

 

もしもそうなったら、めちゃくちゃ嬉しい!!!>_<

私の愛を伝えたい!!笑

ファンです!!尊敬してます!!!

 

 

広告見たら写真撮るぐらい、好きです!!!♡♡♡

 f:id:hibinomarumaru:20170717214031j:image

京都駅の新幹線ホームにて。

(“京都に生まれて5世紀”…‼︎)

 

これからも、とらやのお菓子楽しみにしてます!!!

 

いつまで上位に上がってくるか分からないけれど、もし目にとめてもらえたらうれしい…(;_;)

 

もうただただそれだけの記事です。短め。笑

とらやLOVE!!!\(^o^)/

 

 

広告を非表示にする

七夕は入谷朝顔市と、銀座千疋屋のフルーツサンド

何年も前から気になっていたけれど、日程が合わなかったり、気付けば終わっていたり、で、ずっと行きそびれていた、入谷朝顔市。

ついに今年は行ってきました\(^o^)/

 

朝顔、好きなんです。

朝顔といえば、小学生の時の観察日記。

おかげで、双葉が出て、三つ葉になって…という過程は今も鮮明に覚えている。

薄くてひらひらして、まん丸で、早起き。

それだけでも可愛いのに、色も、絵の具を水で溶いただけ、みたいな、わかりやすい、明朗で透明感がある所が好き。

 

f:id:hibinomarumaru:20170710184154j:image

私が到着したのが昼下がりだった為、朝顔たちはもう寝てました。

朝は壮観なんだろーな…(*^^*)

 

お店の人同士が、

朝顔きたよー!(取りに来てー)」

みたいな会話をしていたのだけど、朝顔どこから来るんだろう。

そして暑い…

 

団十郎という、レアなえび茶の朝顔も見せて頂きましたが、私はやっぱり朝顔は青が好きだなー。えび茶は渋好み(^^)

 

 

ひとまわり朝顔市を見た後、

寄り道して銀座千疋屋にフルーツサンドを食べに行きました。

この日は七夕だった為、なんとなく可愛いものが食べたかったのです。笑

イチゴもサンドイッチも、七夕、全く関係ないけどね…^^;

 f:id:hibinomarumaru:20170710184227j:image

ホラ可愛い!^^

 

全部フルーツサンドだと飽きるかもと思い、アボカドサンドとのハーフにしたのですが、これが美味しかった!♡

アボカドは意外と塩が効いていて、(←全体的にしょっぱいのではなく、部分的に「点」で塩が効いている。韓国のりみたいな感じ?←分かりにくい

「味付いてますがお好みでどうぞ」と出してくれた塩をさらにふりかけてみる。笑

アボカドって塩で食べても美味しいんだなぁ(^O^)

 

そしてフルーツサンドは、安定の美味しさ、正しい美味しさって感じでした(*^^*)

でもさ、フルーツサンドって…なんかこう、背徳的でもあるなぁと思うのですよ。

だって、サンドイッチなのに、パン(=食事)なのに、中身がイチゴとか生クリームって!いいの?こんなの食べていいの?ふざけてない?おこられない?!

逆に、普段ならケーキに挟まれてる立場のイチゴ様や生クリーム様を、パンみたいな武骨な奴に挟ませていーのか!

みたいな、学校にこっそりお菓子もっていって食べるみたいな(←やってた)、ちょっと悪い事してるような、禁断の味なのだよな。

 

なんにせよ、もうふざけた食べ方してもおこられないし、大人って楽しいなあ(*^^*)

 

そしてお店を出てぶらぶら歩き、結局ここへ。

 f:id:hibinomarumaru:20170710184303j:image

19時過ぎくらいかな?陽が長くて嬉しい。夏が好き。

和薄荷と桃の入浴剤を買って帰路につきました。夏のお風呂にぴったり(*^^*)

なんだか子供の頃、夏の夕暮れ時におばあちゃんとお風呂に入って、さっぱりして、テレビはナイター中継でお父さんがビール飲んで枝豆食べてて、まだまだ夜は長くて楽しいことがいっぱいある、

そんな光景が思い出されたり、朝顔もフルーツサンドも子供の頃を思い出す、ちょっと懐古的な七夕となったのでした。

 

何だか色々引き寄せる件。“Best wishes!” 私の場合

最近、自分の引き寄せがすごいと思うのです。(エヘン!自画自賛!!)

 

引き寄せた?と気付いたもの自体は、ちょっとした物なのだけど、

改めて考えたら、結局はこうして自分で「今の自分」を構築しているのでは…

 

まずは、最近引き寄せたものを振り返ってみたいと思います。

 

その① 瓦せんべい

先日、真穂さんの結婚式に参列させて頂き、その際に、東京駅の駅舎が描かれた、可愛い瓦せんべいを頂いたのです。

そしてその翌日、東をどりを観に行った私は、売店で、歌舞伎の絵柄の瓦せんべいを見つけ、「あ、同じ所で作っているのかな?」と思い、家に帰って、真穂さんから頂いた瓦せんべいを確認すると、やはりそうでした。

この時点で、不思議なシンクロだなーと思っていたのですが、

その日か次の日ぐらいの真穂さんの音声で「瓦せんべい事件」というのを聞いて爆笑し…笑

「食べちゃったんだよね」という真穂さんが可愛いなぁ〜〜笑!と思って、

その事で真穂さんにメッセージを打っていたまさにその時、テレビでその瓦せんべいのお店が出てる!!!

という事がありました。

どんだけ瓦せんべい引き寄せる!!笑

 

 

 

その② 鯛とお赤飯

hibinomarumaru.hatenablog.com

先日、こんな記事で鯛やらお赤飯やらについて思いの丈をずらずらと買いていたら、父の日で鯛が来たのですが、

実はこの翌々日ぐらいに、お昼にお赤飯のおにぎりも頂きびっくり…(゜д゜)

なんか私、祝われてる?!笑

祝われてるよねこれは!!♡

 

 

 

その③ 封筒

少し前に、真穂さんのブログで見かけたこの封筒。

f:id:hibinomarumaru:20170706142134j:image

ああ、こういう封筒があるのかー、素敵だなー、何かお金とか、お礼を渡すときに、こういうのいいなー。

と思ったんです。

で、ブログを見たその日、特に探して買おうとかは全く思っておらず、封筒のことはすっかり忘れて、ふらっと入ったエキュートの文房具屋さんで、なんとその封筒を発見!!

使うことあるかな?と少し迷ったけれど、せっかくの出会いなので、いつか使う機会が来るのかもしれないし!と購入しました(^^)

どんなシチュエーションで使うのかなー、楽しみ♪

f:id:hibinomarumaru:20170706142626j:image

↑封筒を開けるとさりげなくこんな文字が…♡

 

 

 

その④ 迎賓館

たまたまネットの映像(さきこさんのブログで知った、ペニンシュラ東京のムービー)ですごい建物を目にし、あーこれ迎賓館だなー、この辺素敵だろうなー、と思った、これまた翌日くらい。

母が迎賓館見学ツアーを見つけてきて(それも最寄り駅からバスが出る超ラクなやつ♡)、すぐに申し込んで一緒に参加しました。

 

www.youtube.com

 

f:id:hibinomarumaru:20170706143521j:plain

別世界…

 

 

思い出すのはこんな所ですが、

どれも共通して言えることは、

・引きよせようとか全く思ってない

・ただ純粋にワクワクしている

これかなぁー。と思います。

 

瓦せんべい、可愛い、嬉しい♡

結婚式、素敵だった…♡

あっまた瓦せんべい!(翌日の東をどりにて)

瓦せんべい事件で爆笑!脳内は

「瓦せんべい」

「瓦せんべい」

ウフフ♡^^

そんなに瓦せんべいで喜ぶのか。

そんならホレ。TV出るぞよ

(↑神の声ふうに再生してください)

 

みたいな?笑

 

なんか、引き寄せという言葉がもはやしっくり来なくて、

(↑私の中では、「時間をかけて手繰り寄せる」イメージ)

現象化するってもっと瞬時のような…。

 

そして、「叶ってくれ〜!」(叶わなきゃ困る!)みたいな願いは、

苦しい気持ちでやってるから、

「苦しい」が持続する。願ったり叶ったり…

 

という事なのでは…

 

同じ「幸運を祈る」 という言葉も、それを願う気持ちが、怖れや苦しさからなのか、純粋なワクワク、ときめきからなのか?で、違ってくるのでは。

 

現時点での私の実体験から思えることはこんな感じですが、おそらく、やっぱり、こういう事なんではないかなぁ。

 

上半期おわり!断捨離と新しい寝具でルンルンの巻。もっと軽やかに進む私になる

先週は、闇の中を満喫し中二病みたいな表現をたくさんしていた私ですが。

  

hibinomarumaru.hatenablog.com

hibinomarumaru.hatenablog.com

 

今週はじわじわと元気になり、

ここ2日ほど、久しぶりに大がかりな断捨離をしています。←まだ続いている。

 

私は気に入ったものとか、買ったばかりの物などを、目につく所に置いて眺めるのが好きなのですが、

一方で、部屋に色が多い、目に入るものが多い=脳に行く情報が多い。事も地味〜にストレスになることも、気づいていました。

 

今回はそこに大きくメスを入れ、

気に入ってずっと飾っている(と思っているけど、疑ってみたら、今はそれ程でもない)ものを処分したり、

やはりとても気に入っているけれど、出しておかなくてもいいな、というものは仕舞いました。

こうしてスッキリした、本当に好きなものだけを残した空間にしてみると、やはりこの方が落ち着く。(というか、この方が落ち着く、という自分に、変化したのかも)

長いあいだ、ときめきをくれてありがとう。

 

以前にも断捨離について少し書いており、

hibinomarumaru.hatenablog.com

 

その記事から引用すると、

断捨離する

→スッキリするし良い事もある

→捨てなきゃ

→(でも定期的に捨ててるからもうそんな捨てる物もないよ)

→何か捨てられるものはないか? (血眼)

→なんかモノが溢れている!(ような気がしてくる)

→モノが溢れていると疲れる!ホテルみたいにスッキリしたいのに!

→でもホテルはある意味、殺風景だよな。私はこうして好きなものを所有したり、目に入るのが好きなのだ。

→あれ?

→「捨てられないで残っているもの=愛してるもの」なのに、

「捨てられないで残っているもの=厄介なもの」という設定にしていて、

「愛しているもの」の豊かさを拒否しているんではないか?

 

そう、気に入って買って、私のところに来てくれたもの、それでも手放す時は手放す時だけど、まだ側に置いて豊かさを味わいたいものまで、「憎むべき設定」にしてたのです。

あると幸せになれない。みたいな。なんだそりゃ。

 

「あーまだまだモノがあるー」から、

「あーこんなに好きなものに囲まれて幸せ♡♡」

に、変更しました♡♡^^

 

 

これね、

→「捨てられないで残っているもの=愛してるもの」なのに、

↑今思うとここがそもそも、ちょっと認識がちがっていて。もちろん確かに「愛してるから捨ててない」ものもあるのだけど、

 

まず、私は「意味不明な捨てなきゃ病」になっていた所があり、

「気に入って残してるもの」も、「捨てなきゃ」の対象になっている。

※なぜなら物を捨てる事が快感だから。

そしてその捨て方は、物への八つ当たり(もう要らない!捨ててやれ!)みたいな部分があって、それは自分をちゃんと見てない捨て方だな…と、今回気づきました。

 

そしてその記事では、「愛するものに囲まれて幸せ♡」に変更!

と書いているけれど、もう一歩踏み込むと、

・それ、本当に愛してる?

・愛したのは確かでも、今も同じ気持ちか?

という疑いを持たず、

 

「私はこれを愛してる!

(なぜならずっと飾ってきてるから!愛してるに決まってる!)」

みたいな、ザツな見方を、自分に対してしていたし、好きなものや好きな気持ちはどんどん変わっていくという前提で

(今も好きか?)に意識して物を見ると、今「いる」「いらない」がサラッと見えてきて、それだけのこと。

好きな気持ちに蓋をするでもなく、余計な八つ当たり感情とかを乗っけるでもなく、ただ単に、手放すor取っておく ができる。

手放す場合でも、「豊かさを充分受け取りました、ありがとう」という気持ちになる。

 

そうして精査すると、「なぜ今まで当たり前のように、捨てずに飾っていたのだろう」というものがたくさんありました。

 

そうして、物や洋服を捨て、

スッキリしてみると、今まで気にならなかった所も気になり始めました。

今使っているタオルケットは、かなり古びてきているし、柄があって生活感があって嫌だな…。

 

よし、新調しよう!と無印に向かい、無地の気持ちいいタオルケットを買ってきました\(^o^)/

寝具は面積が大きいから部屋の雰囲気もかなり変わるし、

何より新しくて見た目も満足な寝具でゴロゴロすることは至福!!

大好きな空間で過ごせる幸せ!\(^o^)/

 

 

そして、話は変わりますが、今日で今年も半分終わり!!(゚o゚) 早いー

 色んなことがあったし、新しい世界にたくさん踏み込んで、手を伸ばしていった半年だったと思います。そしてその点においては、大人になってからの人生で一番?かな?

 

今回の断捨離の件で思ったのが、 

例えば3ヵ月前に「こうだ」と思ったことも、3ヵ月経って、こうして見方が変わったり、さらに踏み込んだりして、人はどんどん変わっていくんだということ。

だから、完全なる絶対的な正解を欲しがることはあまり意味がないし、

それがないと怖くて進めない〜、これでいいのかな?!みたいな怖さに囚われて進まないでいるのは、本当にもったいないというか、無意味だなと。

こうして片付けに手を出してみてわかることもあるし。

 

逆に、これが絶対正解!!と思えることも、あとになってみたらそれも分からないし。

どうせ分からないんだから、もっと気軽に、色々行動してみるのもありだよなと。

過去と現在で一見矛盾するようなことも、その時その時の自分の答えを信じられていれば、それは「正解」だったり「ベストな方向」であり、正しさ、間違わないことに拘って、頭で色々計算しているのは、なんというか、粋でないな…。

そんなわけで、

もっと軽やかに、するするっと、自分をアップデートしていこうー\(^o^)/

 と思ったのでした。

 f:id:hibinomarumaru:20170630160530j:image

全然関係ないですが、楽しみにしていたマリオの切手が発売されました!!

あぁ〜可愛いよ〜〜!(*⁰▿⁰*)

 

↑こうしてまた、減らしては物が増えてゆく…笑

でもそうやって、好きなものが循環してくれてるんだな〜!♡

続・10と0の間 【私が闇の中にとどまった理由】

前回の記事を書き終えて、

hibinomarumaru.hatenablog.com

 

あ、これかな、と思うところがありました。

 

私が、「10と0の間」の、闇の中でとどまった理由。

それは、再び「問題(次のサイクルのお題)」が起きないと、どうしていいか分からなかった

からではないか。

 

何か人生に問題と思われる事態が起きて、それをきっかけに、自分を見つめ直す。

という、ひとつのサイクルを終えた今。

私がいた闇は、取り組むべき問題がなくなった、命を燃やした事案がなくなった、生き甲斐がなくなった、という虚無感ではないか。

 

日々、大なり小なりの出来事や、湧いてくる感情を通して、自分をちゃんと見るという事は、きっとこの先も、ずっとやっていく事だと思う。

 

けれど、【それ】をやることが、人生の目的ではない。

【それ】をやっていくことを、生き甲斐にするのは違う。

 

私が生きる目的は、幸せになりたい、幸せを感じたい、愛を受け取りたい、楽しい事をたくさん知りたい。

だと思う。

 

自分を見つめ直すことは、その為の手段というか、経過であって、

問題→自分を直視

というサイクルそのものを楽しもうとするならば、

また、「問題」が起きなきゃいけないのだ!!!

 

つまり、また、婚約破棄クラスかそれ以上の問題を全力で引き寄せ(!!)、

それを解決しよう、そこから学ぼうとするゲーム…

 

いやいやいや、趣味悪すぎだろ!!!

いいかげんにしろよ!!!Σ (゚Д゚;)

 

もう、いい。

もう、結構。

大きなモンダイ、そこから復活する自分、それを楽しむのは、もういい。

 

これがわかって、針がカチッと動き、0を指した感覚がありました。